ヨーグルトでアトピーが良くなるかも?と思った時に読む記事

ヨーグルト。人気ありますね。人気の背景にあるのは腸内細菌、つまりヨーグルトの中に含まれている乳酸菌がアトピー改善に効果的と考えられているからでしょう。実際、乳酸菌は整腸薬にも入っていて、私も時々利用することがあります。ではヨーグルトって本当にアトピー有効なのでしょうか?ここでは私の経験を紹介します。

腸内環境より大事なこと

「ヨーグルトでアトピー治りますか?」 最近、この手の質問を頂くことが多くなりました。 結論から言うと、ヨーグルトを食べたからと言って、それでアトピーが治るなんてことはないと思います。確かに腸内環境って大事。これは自分の直接体験からもよくわかる。でもそれ以前にもっと大切なことがあります。それは食べたものがしっかり排泄されているかどうか。この点です。言い換えると、お腹の調子が悪くて、いつも便秘や下痢の状態のままアトピーを治そうとしても無理だということ。なので「ヨーグルトでアトピーが良くなりますか?」と言うのは質問そのものが不適切で、本来なら「便秘と下痢が解消されました!ヨーグルトのお影でお腹の調子もいいです!」これなら可能性はあると思いますが、そうなるためには食生活の見直しが前提となる気がします。

正直言って、食生活全体を見直すことなくヨーグルトのような単体の食品だけで腸内環境を整えるのはムリがあるように思います。大切なのは腸内環境を整えることではななく、消化器官全体の働きを活性化することだと私は思います。具体的に見てみましょう。

まず食べたモノは歯で砕かれ、唾液で更に細かく砕かれ食道を通過します。その後、胃の中の胃液でさらに細かく分解された後、やっと腸内に到着です。消化管は一本の管状なので全部繋がっているワケで、腸内環境だけに注目してもあまり意味が無いと思うんです。腸内環境を整えるなら、腸だけでなくもっと上の胃の働きも正常でないと。河川の水質を浄化する際、下流の人だけ頑張っても限界があるのと同じと思うんです。本気で水質を浄化するなら、上流部や中流部の人も一緒になって皆で協力しないと。なので腸内環境を整える前に「胃腸の健全化」となる訳です。尚、こちらの詳細は「アトピーの治療:報われる努力と報われない努力」を参照して下さい。

乳酸菌を摂るならこっち

腸内細菌の話に戻ります。これは私の経験から断言してもいいですが、ヨーグルトが有効と考えているなら、もっと効果的な方法があります。それは「酵素」です。「酵素」と言っても難しい話ではありません。巷には消化酵素入りの薬や健康食品、サプリメント等が販売されていますが、この類の商品にお金を掛ける前に試して欲しいモノがあります。それは昔からの発酵食品。つまり味噌、醤油、納豆、漬物、梅干し、酢と言った伝統食です。

一昔前、地方では肉や魚も味噌漬けにして販売されていましたが、これは腐りやすい食材を保存するための生活の知恵でした。ではどうして味噌漬けにすると腐りにくくなるのか?それは微生物。味噌の中に含まれている微生物です。味噌は蒸した五穀の上に微生物を繁殖させて作られているため、腐敗菌を寄せ付けない。

私の住む奈良では「柿の葉寿司」が有名ですが、これは柿の葉に包むことで腐敗菌を寄せ付けないようにしてある。で、私の経験ではこれが効く。誤解しないでくださいね。「柿の葉寿司」が効くでのはないですよ。発酵食品が効くのです。なので味噌とか醤油など毎日使う調味料類は多少お金を掛けても、ホンモノを選んだ方が賢明だと思うんです。と言うか、アトピーを治すのにお金が掛るのは、正味、調味料とスキンケアくらいのものです。ちなみに、スキンケアに関しては「保湿|アトピーを治すための効果的なスキンケアとは」を参考にして下さい。

ヨーグルトより納豆 小麦よりお米

私、もしアトピーが再発したらヨーグルトより納豆を食べます。理由はアトピーには「カタカナ」より「ひらがな」や「漢字」の食べ物の方が相性が良いからです。例えば「ヨーグルト」よりも「納豆」。「ハンバーグ」より「焼き魚」。「パン」「パスタ」より「ご飯」と言った感じ。で、アトピーを治す基本的な食事と言えば「ご飯」。つまりお米が基本だと思います。

ここ、かなり大事です。アトピーを治す上で基本になる食べ物はお米(ご飯)で、小麦(パン、パスタ、うどん、ラーメン)ではない。特に子供のアトピーを治す場合には、ご飯以外のものでお腹を大きくしないことがコツです。お腹が減ったらご飯を食べる。子供のアトピーにはこれが一番安全で確実だと私は確信しています。だから食事の前に炭酸飲料でお腹を大きくしてはダメ。ご飯がしっかり食べられなくなってしまうから。アレルギー疾患を治そうと思えば、食生活は小麦ではなくお米。これはもうて鉄則のような気がします。

実際、この方法で私の同級生の子供達のアトピーは消えました。子供のアトピー(中学生位まで)は、食生活を変えるだけで大半が良くなります。逆の見方をすれば、食事の内容を見直すことなく、どんなに名医と言われる医師を探し求めても、結果を残すのは難しい気がします。

日本人の食生活って、高度経済成長期を境に激変してます。ホント、激変も激変。もう大変です。で、おそらく、これほど短期間に食生活が激変した国は人類史上でも類がない。でもそんなこと考えて食事している人、まずいませんよね?実際、昭和30年代まで日本人の主食は米や麦類でした。(それ以前の時代だとヒエやアワ。)そして副食は魚や野菜、それに海藻等ですが、当時、アレルギー疾患は皆無でした。そして現在、私達はお米を食べなくなりました。現在、お米の消費量は戦前の半分以下です。(半分!?)その反面、肉類は10倍、卵は7倍、油脂は13倍、牛乳や乳製品(ヨーグルト含む)は20倍以上!この数字、どんな風に受け止めますか?

私が小学校の頃、学年にひとりだけ喘息の生徒がいました。彼はアトピーではなく喘息。当時、喘息の子供はいたんです。でもアトピーの子供はいなかった。個人的にはアレルギー疾患が増加した背景には、歴然とした食生活の変化があるように思います。そんな中、私は体感的に味噌、醤油、梅干し、漬物、納豆、豆腐等、伝統的な日本食がアトピーに効くと感じています。何故なら、これが私の直接体験だからです。

複数の要因を単一の食品で治そうとすること自体がムリ

さて最後になりますが、実は私が言いたいのはココからで、ヨーグルトだろうが何だろうが、単一の食品でアトピーを治そうとすること自体に無理があることをお伝えしたい。アトピーの原因が未だに特定されない理由は単純で、それはアトピーの原因が特定できる単一のものではないからです。要するにアトピーの原因はひとつではなく複数。と言うことです。このことをしっかり認識していれば、自ずと単一の食品でアトピーを治そうとすること自体に無理があることも分かります。では複数の要因を持つアトピーに対してはどのような姿勢で取組めば良いのかと言うと、それはやはり複数の対策を総合的に実践するのが賢明です。ここでは簡単に触れておきますが、次に挙げる3つは食生活以外でも有効ではないかと思います。

  1. 自然と親しむこと。
  2. 身体を動かすこと。
  3. 夢中になれるものに没頭すること。

なぜこれらが良いかと言うと、それは人が生きること、つまり生命の根源的な部分に触れる機会を得ることで、治癒力をアップさせることが出来るように感じるからです。単一的な何かで治そうとするより、周囲にあるものを総動員する方がアトピーには間違いなく効きます。身体と心が分離した状態ではなく、周囲の全てと一体感を得るような方向で進むのが私のお勧めです。よければメンタル面に関してはこちらの記事をどうぞ。ストレス|その対処法を知ってアトピーを治す方法

幸い、私にはこの3つを全て満たしてくれるものがありました。それは「釣り」と「シュノーケリング」で、当時、釣りをしている時と海に潜っている時だけは、何もかも忘れることができました。また十津川の露天風呂に癒されたこともあります。当時、精神的にボロボロだった私に対して十津川の大自然は「生きててもいいよ」のメッセージをくれたのでした。この経験から、心と体のバランスが崩れそうになった時、私は自然の中で体を動かすことに決めました。

頭で考えることには限界があります。それは「そんなことしてどうなる?」「直接問題解決には結びつかない」と思えることが実際にやってみたら真逆の結果を得ることからも明らかで、人生にはそういうことが往々にしてあります。従って、私はアトピーの時にはあまり考えすぎない方が良いように思います。考えて考えて深刻になるより直接的な体験を重視した方がいい。そんな風に思います。