アトピーを治す秘訣|胃腸の健全化

報われる努力は皮膚のバリアを強化する努力ではなく、消化管のバリアを強化する努力。これがアトピーを克服する最大の秘訣です。こんな風に言われても、大半のアトピー患者はピンときません。実感がわかないのです。コレってある意味仕方ない。なぜなら痒いのは皮膚で、胃腸なんて痛くも痒くもないから。それに皮膚は眼に見えても、胃腸は眼に見えませんから。

アトピーを治す最優先項目

アトピーの治療に際して、医療機関で胃腸の働きが話題になることはまずありません。またアトピー性皮膚炎治療ガイドラインにも「胃腸」の文字は登場しません。なのでいきなり「胃腸の健全化」なんて言われても「???」となるのは当然かもしれませんね。

では何故、アトピーを治すのに「胃腸の健全化」は最優先項目なのでしょう?それは消化管が人体で最大の「免疫臓器」だからです。そう。免疫臓器なんですよ。消化管は。しかも人体で最大の。アトピーを治す場合、この当たり前の事実が軽視され過ぎている気がします。

消化管。つまり消化吸収を司る胃腸(消化器系)は自律神経系と共に生体のもっとも基本的な要素で、生命活動の土台として体内の全ての器官や細胞に影響を与えているのですから。
他の器官や細胞って?それは循環器系や呼吸器系、生殖器系や内分泌系等。当然、免疫系にも多大な影響を与えています。

って、ここまで読んで不思議に思いません?
何故、こんなに肝心な部分を後回しにして「皮膚のバリア」とかって言ってるの?

アトピー治療の基本は「快便」

皮膚のバリアを強化しても、アレルゲンの除去に精を出しても、それは徒労に終わる可能性が高いです。何故なら、それは優先順位が間違っているからです。その証拠に皮膚のバリアを強化してもアレルゲンを除去しても、まともな免疫細胞は育まれませんから。私の場合、皮膚に焦点をあてた治療を10年以上続けてもダメでした。自分ではかなり頑張ったつもりです。でも結局、症状をコントロールするだけで精一杯。消化管の働きが悪いままだと、敵と味方の区別さえ付かない免疫細胞を配置させたままなので、アトピーは一向に良くならないのですね。ちなみに、こっちの方向の治療はお金もバカになりません。

で、毎朝、立派なウンコを出すことだけに専念した。
余計なことは考えず、ただただ立派なウンコを出すための努力に注力した。すると、あれほど頑固だった痒みが弱まったのです。一気に消えたわけではないけれど、皮膚の炎症が確実に消えていった。この時の驚きをなんと表現すればいいのでしょう。私の人生に奇跡が起きた瞬間でした。

当たり前のことを当たり前にキチンと継続する

この体験から知ったこと。それは慢性化したアトピーを治す場合、いきなりワンステップでキレイな肌を目指すのは得策ではないと言うこと。順番としては、キレイは肌よりキレイな腸壁が先。それは太くて長い立派なウンコを出すことです。

胃腸の働きが良くなれば、自ずと身体も活性化されて元気が出ます。「元気が出る」と言う表現は抽象的で伝わりにくいと思いますが、最適な表現としてはこれしか思い浮かびません。それほど「元気になる」と言うのはピッタリなのです。で、元気な状態と言うのは、免疫力も自然治癒力も上がっている証拠と考えて大丈夫でしょう。と言うか、これが「自然の摂理」ってものではないでしょうか。

ところで、「胃腸の健全化」って具体的に何をすればよいのでしょう?
基本的には食べ過ぎないことです。が、無理は禁物です。最初は「腹八分」からスタートするのが無難でしょう。逆に「根性」や「忍耐」をベースにポキッと折れてしまうような努力はしない方がいいでしょう。

実際、「1週間でみるみるキレイになる!」なんてあり得ませんから。くどいですが・・
結局、状況に応じてどんな環境にも対処できる自分(身体)を目指すのが根治療法なので、当然時間は掛ります。でも「改善」ではなく「完治」を目指すなら、根治療法は避けて通れない。アレルゲンにビクビクするより、どんなアレルゲンにも大丈夫な自分(身体)を目指す方が絶対お勧めです。しかも根治療法の方がお金も断然掛りませんしね。

では、胃腸の健全化の具体的なやり方とはどのようなものでしょう?関心のある方はこちらからぞうぞ。

アトピー完治への道|胃腸の健全化はこうする