食事療法に潜む意外な危険とは

アトピーを治す際に見落としがちなのは安全性です。断言しますが、安全を無視した「アトピー完治への道」はあり得ません。ひと昔前、患者に脱ステを強制する無責任な指導者がいました。ステロイドを一気に抜くことの危険性には触れず、とにかく止めろの一点張り。アトピー自体は死に至る病気ではありませんが、アトピーによる感染症には死の危険性もあるのです。私の経験からすると、食事療法に関しても注意が必要です。突飛で常軌を逸した療法には近づかない方が賢明です。そんなことをしなくても、アトピーは普通に治せるのですから。

食事療法は危険?

食事療法には危険な面が隠れています。その代表的な例が摂食障害。摂食障害と言えば過激なダイエットが話題になりましたが、アトピーの食事療法でもこの摂食障害に陥るケースが少なくありません。なぜでしょう?それは「食事の内容」に原因が隠されています。当たり前の話ですが、食べることは生命活動に不可欠な行為で、この行為そのものには「善い」も「悪い」もありません。 ところがアトピーに良い食べ物と悪い食べ物のような二者選択的な基準を設けるとどうでしょう?実はこの基準が、自分自身を苦しめる火種となる可能性があります。

この話、経験のある人には痛いほど分かる一方、経験のない人、関心の無い人には全くピンと来ない話題でしょう。それでもアトピー完治への道を歩む気があるなら、ここは頭の片隅には留めておいた方がいい。最初は小さな火種も「治したい!」と言う気持ちが強くなるほど、自分が決めた基準に従順であろうとして巨大化します。やがてその火種は大火となり「拒食」や「過食」と言う形で自分に跳ね返ってきます。自分で定めた基準で自分が苦しむのですが、「治したい!」気持ちが強くなるほど、当の本人にはそこは見えにくくなってしまう。これが摂食障害の怖さです。私自身、摂食障害寸前の経験があるので、これは実感としてよくわかります。

ここからは、私の例を中心に書きます。 私は元々インスタントラーメンが大好きという訳ではありませんでした。あれば食べるけど、無ければ無いでわざわざ買ってまで食べるようなことはしなかった。ところがこのインスタントラーメンに「アトピーに良くない食べ物」と言う基準を設けた途端、とにかくインスタントラーメンばかり食べたくなったのです。しかもこの「インスタントラーメンが食べたい!」と言う欲望はどんどん強烈になり、これを抑え込もうとすると今度は「食べものに対して卑しい奴」と言う罪悪感が芽生え始めたのです。で、この罪悪感は遂に食べることそのものに拡大したのです。要するに、食べることイコール悪の構図です。

摂食障害のカラクリとは

私は過去、10日間程度の断食を何度かやった経験があります。正直な所、アトピーに断食はかなり効果的だと個人的には思っています。これは理屈で考えても辻褄が合います。断食中は食べ物を体内に取り入れないので、過剰反応の原因となるタンパク質の総量が一挙に激減します。なので皮膚の炎症に対する即効性もある。でも私は断食は推奨しません。何故なら、ここには大きな落と穴、つまり「危険」が潜んでいるからです。

これは私の経験ですが、断食中にアトピーがどんどん良くなると、次第に食べる事に対して罪悪感を抱く可能性があります。「食べたい!」「でも食べてはいけない!」「食べることばかり考えている自分は卑しくて情けない人間」。この心理状態は全く健全ではありません。繰返しますが、食事は人が生きるための必須行為で、そのこと自体は善悪の対象ではないのですから。

苦しみは自らが作り上げた幻想

食べることは善悪の対象の外にあるもの。従ってこれはアトピーに良い食べ物、これはアトピーに良くない食べ物のような判断基準や価値基準を設ける必要もありません。そもそもこのような基準に明確な根拠や絶対的な何かがある訳ではないのですから。自分の創り出した幻想に自ら苦しむなんてナンセンス。そんなことより、もっと安全で確実な方法があります。それは「お腹減った!」と感じてから食べる。お腹が減っていないなら食べない。つまり「何を食べるか?」ではなく「どんな状態で食べるか」の方を重視する。ちなみにこの「お腹減った!」と感じてから食べるに関しては、「アトピーを確実に治すための食事」を参考にしてください。

体が欲しているのか、頭が欲しているのか

私が思うに、食欲には2つのパターンあります。そのひとつは体が欲しているケースで、これは山や海で遭難した場合を思い浮かべると分かりやすいでしょう。この時の食欲は生きること、つまり生存することが前提のため、食事、いや食料を得るだけでも十分満足感がある筈です。で、これは生きるために食べている状態と言えるでしょう。

一方食欲にはもうひとつのパターンがあって、それは体ではなく頭が食べ物を欲しているケース。で、この場合の食欲は生きるための根源的なものではないことから、食べることそのものよりもむしろ「何を食べるか」の方により関心が向いてしまう。こうなると生きるために食べるのではなく、食べるために生きているような状況に陥ってしまいます。これが悪いとは言いませんが、少なくともアトピーを治す上で大切なのは、食べて良いものと悪いものの基準を設定する事ではなく、体が欲しているのか、それとも頭が欲しているのか、この違いをしっかり見極める冷静さのように思います。