2 アトピーのランク 

一口にアトピーと言ってもそこにはランクがある。自分がその渦中にいると、それを見極めるのは難しい。あなたはどのレベル?

己を知る

一般論としてアトピーは「良くなったり悪くなったりを繰り返す」と言われます。
確かにその通り。でも肝心なのはその後。

つまり良くなったり悪くなったりを繰り返した後に「良くなる」のか、それとも「悪くなる」のか、ココです。アトピーにはこのように分岐点がある気がします。

この分岐点で適切な対策を打てば必然的に「良くなる」方向に向かいますが、大抵はそこから悪化します。そして現状維持すら難しい。

ここでは私の歩んだ道のり(経緯)を簡単に紹介します。参考にして下さい。

第1レベル

処方されたステロイドを真面目に塗ればそのうち治ると信じていた段階。ひと昔前のアトピーならこの段階で治ったことも事実。だが私の場合、これでアトピーが治ることはなかった。何が悪いか分からないので、生活習慣を見直すと言う発想がない。結果、必然的に悪化の道へ。計画的に治す方法を知らないし、その方法を知らないことにすら気付いていない。

第2レベル

なかなか治らないことから、今までの治療に疑問を感じ始める段階。「はい。これ塗って」と言われるだけの治療に疑問を持ち始める。漢方薬や民間療法を試みるも良くならず、日常生活にも支障が出始める。情報収集に努めるも氾濫する情報の中で右往左往するばかり。ステロイドに罪悪感を抱きつつ、日々の生活を維持する為に抗アレルギー剤を併用していた。

第3レベル

アトピーが顔に出た。夜、殆ど眠れなくなった。まともな精神状況を維持するのが難しくなる。民間療法の「ステロイドを止めない限りアトピーは治せない!」が気になる一方、「ステロイドを止めれば生活が破綻する」とも薄々感じていた。医療機関に不信と限界を感じて民間療法に走る。脱ステロイド決行。一気にステロイド抜くが、そこには血と膿の世界が待っていた。民間療法からの「好転反応です」の連続にウンザリ。

第4レベル

リバウンド発生。リンパ液が流れ出し、全身に接着剤を塗られたようなバリバリの状態に。首を回すことすら出来ず寝たきりに。顔中に斑点が出た。高熱を発して緊急入院を余儀なくされる。病院では「感染症を併発して危険な状態」と診断される。脱ステ後のリバウンドがアトピーとは全く異次元の症状(苦痛)であることを知る。この段階ではアトピーがもう自分だけの問題ではなくなり、家族にも影響が及ぶ。

第5レベル

リバウンド地獄から脱した。最悪の状況からは脱したもののアトピーは治らずそのままの段階。ステロイドを初め、薬は全く使わなかった。それでもアトピーは良くならない。 この段階で初めて、ステロイド離脱に成功してもアトピーを治せない事実に気付く。と同時に絶食療法(断食)を経験することでこの病気の正体(全体像)が観えた。「アトピーは皮膚の病気ではない!」。新たな挑戦が始まった。

第6レベル

食生活付を中心に日々の生活習慣を徹底的に見直す。「快食」「快便」「快眠」を心掛け、ひたすら太くて立派なウンコを出すことに専念。「何を食べると太くて立派なウンコが出るのか?」「どんな食べ方をすれば太くて立派なウンコが出るのか?」。全てをこの一点(胃腸の健全化)に集中させた。すると皮膚の炎症が消えた。私の人生に奇跡が起きた瞬間だった。

ありのままの自分からスタート

あなたは今、どのレベルにいるのだろう?

アトピー患者の大半が第2レベルか第3レベルで右往左往している気がします。一番混乱しているのは第4レベルの方かもしれませんね。「克服までの確実なステップ?」「こんなので上手く行くはずがない!」なんて・・・。

でもアトピーは理屈で治すものではありません。逆に理屈なんて知らなくても確実に治すことは可能です。 しかもやることは至ってシンプル。単純で分かりやすい。

でも正直言えば、レベルなんて重要ではないんです。それより現在の自分を客観的に把握することが大事な訳で、どのレベルでもそこからスタートすればいいだけの話。 諦めない限り、誰にもチャンスはありますから。

ところで、アトピーが良くなる時、そこには「完治」と「改善」の2種類があります。同じような印象を持つかも知れませんが、この二つの間には決定的な差があります。

こちらからどうぞ。

3「改善」と「完治」の違い