アトピー完治への道|胃腸の健全化はこうする

どんなに身体によいモノでも食べ過ぎはよくありません。アトピーを治す場合には、とりわけこの点は重要です。過食は厳禁。食べ過ぎはアトピーを悪化させます。

胃腸に負担を掛けない

食事の内容に気を配っているアトピーの方って多いですね。○○は良いけど○○はダメと言った具合に選別する。でも、それ以前にもっと大切なことがあると思うです。それは食事の量。つまり食事の内容より量ってことです。何故なら、過食は胃腸に負担を強いるからです。慢性的な過食で腸壁が荒れると、胃腸は自己防衛のため働きを弱めるようです。胃腸が働きを弱める。これは非常に都合が悪い。と言うか、胃腸の働きが悪くなるからアトピーになる気すらします。従って本気でアトピーを治すなら、まず食事の量を控えて胃腸の働きを正常化する必要がありそうです。

少食のコツ

ところが、少食は口で言うほど簡単ではありません。今まで染み付いた生活習慣を変えるのは想像以上に大変だからです。私の経験では、そもそも食欲はお腹が減った時だけではありません。お腹が減っていなくても、目の前にケーキが出てくれば「もうお腹いっぱ~い!」と言いながらも食べたくなる。この傾向はストレスがたまっている時、イライラした時にほど顕著になる為、食欲とは厄介なもの。そもそもアトピー自体がストレス根源みたいなものなのに、そこへ「少食!」「少食!」と頑張り過ぎると、必ずどこかで反動が生じるので注意が必要です。

究極の少食実践法はコレ

これを回避するための方法を紹介しましょう。ひとつ目は、一口当たり最低50回以上噛むこと。できれば100回から200回以上噛めれば理想的。噛むという行為は我々が想像している以上に大切で、わざわざお金を出して胃腸薬を買わなくても、唾液の消化酵素を利用すれば大抵は事足ります。で、こんな食べ方をしていると食事がほどんど前に進みません。凄く時間が掛かるから。ところが50回以上噛む狙いはここにあります。噛んでいる間に、満腹中枢が刺激されるまでの時間を稼ぐのです。またこうすることで、満腹の一歩手前で箸を置きやすくなります。さらに噛めば噛むほど食べ物が細かくなり、消化器官への負担を減らすことが出来ます。単純ですが、こうすることで便通もかなり良くなります。

次は、食欲と真正面から向き合わないこと。例えば目の前にケーキがあるとします。こんな場合「食べたい!」「でも食べちゃいけない!」ってなりますよね?でもこんな状況なら、もう食べてしまうのが正解。「そんな!」「そこを我慢しなくては?」って思われるかもしれませんが、こうなった時点では既に負け。我慢すればストレスがたまるだけですから。だから食欲と真正面から争うような状況を作らない。とにかくひたすら避ける。逃げる。これが正解でしょう。

食欲に対しては真正面から戦わない。それは最初から負けるのが分かっている戦さだから。でも戦わないことで結果的にアトピーに勝てる。アトピーとの戦いとはそういうもの。またアトピーと言う敵と戦う場合には注意すべきことがあります。

アトピーを治せるのは愚直な人?

50回以上噛んて食べるなんて難しいことじゃない。誰にもできます。難しい理論もテクニックも必要なし。お金も掛からない。要は実行するだけですが、実は大抵の人はややりません。いや、正確にはやり抜けない。1ヶ月程やってみて効果がないと止めます。でも、アトピーなんてものはこんな単純なことをやり抜くか、それとも途中で馬鹿馬鹿しく感じて止めてしまうか。結局はこんな所で決まる気がします。アトピーの根治療法とは100m走のような短期決戦型ではなく、マラソンや登山のような長期戦だからです。なので戦い方も自ずと決まってしまうのです。

ひとくちアドバイス

アトピーを治すために腸壁を修復する。そのために少食を実行する。そのために良く噛む。そのためには歯が丈夫でなくちゃいけない。でもね・・・。アトピーの人ってホントに虫歯が多いんですよね。(甘いモノが大好きだから・・・)アトピーと虫歯。何の関係も無いと思っていたなら、今からでもしっかり治療した方が良いですよ。