遺伝なんて気にしなくてもアトピーを治せる理由

「アトピーは遺伝」と言われ、産んでくれた親を恨むのは間違っている。同様に我が子がアトピーで苦しんでいる姿を見て自分を責める必要もない。アトピーなんてなったらなったで、治してしまえばいいだけの話なのだから。この際ハッキリと言っておこう。「アトピーは遺伝だから治らない」と言う説にはまったく根拠がない。と言うか、遺伝なんて気にするほどのものではないのだ。その証拠に現在、私はアトピーではないし私の子供達もアトピーではない。何が言いたいか?
それは、もし親から遺伝的な素因を引き継いでいたとしても、それは決定的なものでは無いということだ。

遺伝だったら治せない?

遺伝。今でも私はこの言葉があまり好きではない。それは、この言葉の後にはいつも「だから治らない」と続く、アトピー時代の苦い思い出があるからだ。「アトピーは遺伝」「遺伝は治療できない」「だからアトピーは治せない」と続く三段論法を聞くたび、私はいつも気が重くなった。だが後になって、私はこの論法が全くの大嘘であることを直接体験した。

私は幼い頃から、父と祖父が頑固な皮膚病で悩んでいる姿を見て育った。当時まだアトピーと言う言葉はなかったが、幼稚園の頃、祖父が「皮膚病に効く」と持ち帰った入浴剤の強烈な硫黄臭で吐いたのを今でも鮮明に憶えている。(この入浴剤、今は廃盤)。一方、父は父で入浴後になると、いつも丸い容器に入った軟膏を体に塗っていた。そんな光景を普通に見て育った私だが、自分がアトピー性皮膚炎と診断された時はさすがに遺伝の2文字が浮かんだ。で、その後アトピーが悪化するたび、やり場のない憤りを父や祖父にぶつけたくなった。(でもそれはしなくてよかった)。

確かにアトピーには遺伝な要因があると思う。この点は否定しない。多分、全く関与していない、とは言い切れない何かはあるのだろう。でも、そのウエイトたるや本当に微々たるもので、全く気にするほどではない。まして悩むなんて時間の無駄で、そんな時間があるなら治す方に向けた方がいいだろう。それを裏付ける(かもしれない)話をしよう。

もし遺伝なら・・・

韓国では今、すごい勢いでアトピー患者が増えているらしい。アトピーだけでなく、花粉症や鼻炎等、アレルギー疾患は増加の一途だとニュースで見た。一方、朝鮮民主主義人民共和国。この国ではアトピー患者が極端に少ないそうだ。(これもニュースで知った)。正式な国勢調査の結果ではないため詳細は分からない。でも、これは興味深い話だ。何故なら大韓民国(韓国)も朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)も同じ民族だから、元々はひとつの国の中で暮らしていた。同じ食文化の下、同じような生活習慣で。それなのに今、韓国でアトピー患者が急増する一方、北朝鮮ではそうでない現実をどう解釈すればよいのだろう?

私が思うに、コレって遺伝的な要因より毎日の生活習慣の方がアトピーへの影響が大きいことを示している気がする。事実、地球規模でみてもアレルギー疾患が多いのは経済的に豊かな国々が大半で、日々の食事さえ満足に摂れないような国ではアレルギー疾患の患者数は極端に少ない。この現実をどう解釈すればよいのだろう?単純な見方で恐縮なのだが、ココだけ観れば遺伝がどうのこうの言う前に、単純に食事の量を減らせば良いだけではないのか?と思ってしまう。

遺伝より生活習慣

もう少し詳しく観察すると、見えてくることがある。例えば国家単位ではなく、家族単位で生活習慣を観察するとどうだろう?私達は産まれた時点から家族単位で暮らすのが普通だ。で、家族の中ではお母さんの作った料理を皆で食べるのが普通だが、これが数年ではなく何十年と続くとどうなるだろう?おそらく食べ物の指向は似てくる。我が家の場合だと、父も祖父も酒(日本酒)が大好きで、毎晩欠かさず晩酌をするタイプだった。酒飲み言えば普通は辛党が多く、甘いものは受け付けない人が多いなか、父と祖父は全く違っていた。お酒大好き。そして大福餅も大好き。要するに甘いものも辛いモノの両方大好物だった。

父の場合、トーストに砂糖を掛けるて食べるのが大好きで、私もこの影響は受け継いる。また日本酒を飲みながら大福餅だけでなくチョコレートも大丈夫だ。で、自分がアトピーの時はそれが普通だと思っていた。と言うか、それがアトピーと関係のあるとは思っていなかった。ちなみに今の私はと言えば甘いモノはほどほどで、お酒は仕事の付き合い以外全く飲まない。で、とにかく食べ過ぎないことだけ注意している。これで健康。血圧値、血糖値、コレステロール値も全て正常。体重は高校生2年当時の57キロを維持している。(アトピーの時は63キロ)

で、私の経験ではアトピーのような慢性型の疾患は、遺伝よりライフスタイルからの影響の方が大きいようだ。決定的と思われがちな遺伝なんかより、日々の生活の中で積み重なっていく何か(小さなこと)の方が可能性は高いのだ。中でも食生活は特に影響が大きい気がする。ライフスタイルとは文字通り「生活のあり方」で、例えば欧米型の食生活を和食に切り替えれば、それはライフスタイルの変化になる。そういう意味で1日24時間の過ごし方を見直せば、アトピー完治への道は自ずと開けるように思う。誤解されると困るが、それは何も禁欲的な食生活を送ることではない。私はストイックな生活を強制したくはない。我慢我慢ではなく、逆に食事は楽しんで頂くものだと思うからだ。

基礎代謝のイメージ

突然ですが、目を閉じて清流をイメージしてみて下さい。淀みがなく、滞ることなく流れる清流のイメージ。小鳥のさえずりが響き、木々の間からは木漏れ日が差しています。で、その清流に一枚の木葉が落ちました。その木葉は清流の流れに従いながら視界からゆっくり姿を消しました。

次に、ゴミの漂う汚染された川をイメージしてみて下さい。底が見えず、流れさえ目視できないくらい汚染された川です。この川、よく観察すると浮遊物が移動しているので、水が流れていることは確かですが、その動きはまるで止まっているようです。はーい、ここまで。目を開けて下さい。

清流も汚染された川も、どちらも川です。川であることに変わりはありません。では清流と汚染された川、何が違うのでしょう?それは、「流れ」です。清流と汚染された川では「流れ」が明らかに違います。で、この「流れ」ですが、川をひとつの生命体と見るなら、それは「代謝」と言い換えることもできます。で、この「代謝」とは常に移り変わる性質のもの、変化する性質のもので、常にエネルギーの交換をしていることが分かります。吸って吐いて。食べて排泄して。眠って目覚める。

川と同じように、私達は生命活動でいつも代謝を繰り返していますが、アトピーの時にはこの代謝が活発ではない。川に例えるなら、それは清流とは呼べない状態のような気がします。その証拠に、アトピーは重症化するほど呼吸が早く、便通が悪く、睡眠は浅くなりますから。

代謝を上げると自然と見えてくるもの

次に、この「代謝」に注目してみます。具体的には呼吸を整える。便通を良くする。熟睡する。の3つ。この3つを試みると、最初にどんな体感を得ると思いますか?かゆみが止まる?止まりません。そんな直ぐにかゆみは止まりません。ましてこれを1週間程度試みたからと言って、アトピーが治るようなことはありません。ではどうなる?「あれ?」「今日、なんか元気?」そんな感じ。そんな体感を得ます。これがまともな流れと言うものです。で、これが1か月も続くと、どうなると思いますか?もっと元気になります。で、今までより、疲れを感じにくくなっている筈。で、皮膚の炎症ですが、こうなるとかなり軽減されている可能性は高くなっている筈です。

この体感は重要ですよ。何故なら理屈ではなく直接的な体験として「コレなら治るわ!」って思えますから。代謝が良くなると、こういう現象が本当に起こります。その時、実感としてこんな風に思うかもしれませんね。「遺伝なんて関係ないやん!」しかしながら、物事には優先順位があります。アトピーを治す場合でも、この優先順位は重要です。

私のお奨めはいきなりアトピーを治そうとするのではなく、まずは「胃腸の健全化」です。
私は、これを2ステップ克服法と呼んでいますが、この方がいきなりワンステップで完治を目指すより安全で確実です。この部分は「アトピーの治療:報われる努力と報われない努力」を参考にしてください。 遺伝だからアトピーは治らない。もしそんな風に思っているなら、それは違います。
そんな悲観的な考えは捨ててしまって大丈夫。と言うか、そんなこと考えている暇があるなら、さっさと努力してアトピーを治してしまいましょう。