アトピーの治し方|完治と改善では雲泥の差

アトピーを治して分かったこと。
それは「改善」と「完治」では、雲泥の差があると言う事実。
このふたつを分ける決定的な要因は「自力」と「他力」の差かもしれない。

「結果オーライ自然消滅型」の限界

一昔前、アトピーは「子供の病気」と言われていました。

で、この時代は「小学校に入学すれば治る」とか「中学生になったら治るから」と言われて、本当にアトピーが消えてしまうケースがそれほど珍しくありませんでした。つまり、特別なことは何もしていないのに、気が付けばアトピーが消えていた。そんなパターンです。私はこのパターンを「結果オーライ自然消滅型アトピー」と呼んでいるのですが、実は今でも、子供のアトピーでは、このパターンの治り方はゼロではありません。

では、大人のアトピーの場合は?残念ながら大人の場合、このパターンが成立する可能性は限りなく低いと思います。逆に、ズルズルと悪化の道をたどるケースの方が圧倒的に多い。

ところで、この「結果オーライ自然消滅型アトピー」には少し問題があります。

「アトピーが消えるならいいんじゃないの?」
「とにかくかゆみが無くなれば、それだけでもう十分」

そんな風に楽観視していると、先々、思わぬ落とし穴が待ち構えていたりします。
なぜなら、このタイプの治り方が「結果オーライ」だから。この点を把握しないまま喜んでいると、アトピーはしっぺ返しが怖い。

例えば、乳幼児のアトピーが小学生になって消えたとします。これ、実際によくあるケースです。また中学入学と同時にアトピーが消える場合もあります。ところが、これで喜んでいると、大学受験や就職を機にアトピーが再発することがあります。女性の場合、最近は結婚や妊娠を機にアトピーが再発するケースも目立ちます。

で、こうなると、話は厄介です。なぜなら、今度は「30歳になったら治る」とか「45歳になれば治る」と言う訳にはいかないからです。

体感の伴わない「改善」のもろさ

どうしてアトピーが消えたのか?結果オーライ自然消滅型アトピーの場合、その理由を患者は理解していません。それは「自然に消えた」と思っているので仕方ないのですが、ここにアトピーを治す上での大きな問題が隠されています。

「なぜアトピーになったのか?」「なぜアトピーが治ったのか?」「なぜアトピーが再発したのか?」この3つの「なぜ」に対する答えが無ければ、患者には対処する術がありません。このことは、カリスマ医師に治して貰ったアトピーも同じ。

症状を一時的に改善させることは魔法でも手品でもなく、医学的には可能なこと。そして急場をしのぐ意味では、速やかに症状を改善させることが必要な時もある。でも、病院を離れて普通の生活に戻れば、そこにカリスマ医師はいません。そして改善させた状態を維持するには、患者自身の生活面でのトータル的な力量が問われます。そこにアトピーと対峙できる力量が備わっていないと、遅かれ早かれ症状は元に戻ります。

一方、自分で治したアトピーは、そんな風にはなりません。なぜなら、アトピーが治った背景には「体感」があるからです。体感をベースにアトピーを治すと、「なぜ?」に対する自分なりの答えを持つことができます。なので、アトピーが再発する確率は激減しますし、もし再発しても慌てなくて済みます。 一方通行ではない自分の経験がベースにあると言うことは、それだけで大きな強みです。私が「改善」ではなく「完治」に拘る理由もここにあります。

体感をベースにした完治は誰にでも可能

アトピーを治す過程で、「体感すること」の大切さは想像以上かもしれません。
例えば「快便」に取組中、スポーン!と爽快な便が出た後の体に注目してみて下さい。お腹のモノが全部キレイに出尽くしたような、爽快感を伴う便が出た後の体です。

そこにはきっと、「ほ~」とか「なるほど~」と言った体感がある筈です。で、その体感。良いとか悪いとかではなく、ひとつの経験としてよく観察した上で積み上げる。で、この経験を「快食」「快眠」の時も、同じようにして積み上げて行きます。すると積み上がった体感から、アトピーを治すための勘所と言うか、ポイントみたいなものが自ずと見えるようになります。で、自然な流れとして「こりゃ治るわ!」と実感できるようになる。アトピーを完治させるプロセスとは、簡単に言うと、こんな感じです。

目指すのは完治

同じ努力をするなら、改善よりも完治を目指す方が断然いいです。アトピーを完全に治してしまえば、そこには改善レベルとは違う別世界があります。どこに行くにもアトピーのことを考えなくてもいいのですから。この経験を通じて私が痛感したこと。それはアトピーを治すにも、「実る努力」と「実らない努力」のふたつがあること。

実らない努力

「アトピーに効く!」と言われるものは片っ端から試しました。クロレラ、青汁、プロポリス、ローヤルゼリー、その他ありとあらゆる健康食品。これ以外にも○○健康法や○○療法など・・・。もう数えきれません。やらなかったのは、自分のオシッコを飲む「尿療法」くらいのもの。とにかくアトピーを治したい一心からでした。

漢方薬もエキス剤ではなく、生薬を煎じていましたから半端ではないです。「消風散」「温清飲」「白虎加人参湯」等々。アトピーに良いとされる類は全部試みました。数か月後のキレイな肌を夢見て。でも全くダメでした。で、その時、こんな風に思ったのです。「まだまだ努力が足りないのか・・・」

大切なのは努力の中身

「あんなにいろいろ試してみたのに・・・」「あんなにお金も使ったのに・・・」。当時のことを思い出すだけでも気が重くなります。それはさておき、こんな場合、それは単なる努力不足ではない可能性が高いです。何故なら、大切なのは努力の中身だからです。

いくら頑張ってみてもアトピーが良くならなければ、治療費や薬代、その他に注ぎ込んだお金は何だったのかと情けなくなってしまいます。今一度アトピーの情報を整理してみましょう。ネットでも通院先の医療機関でもいいです。これらの情報に何か物足りなさを感じませんか?

どれを見ても書いてあること、言ってることは間違っていません。アトピーの発症原因やメカニズム、アレルゲンの知識等々。そしてスキンケアの方法だったり。でも結局どうすればアトピーは治るのか?何だかんだ言っても、一番知りたいのはこの部分ではないですか?

優先順位がすべて

アトピーを治すために何をしますか?3大アレルゲンと言われる卵、牛乳、大豆を食べない?ダニやハウスダスト対策のために床をフローリング変える?それとも空気がきれいな環境の良い土地に引っ越す?否定はしませんが、優先順位としてはどれも上位ではないと思います。ちなみに私、これらを全部やりましたが、結果はダメでした。(出費総額は内緒)

それよりもっと大事なこと、優先すべきことがあります。実は私、「アトピーの原因は十人十色」だとは思っていません。それは言い換えると、マスト細胞が主役のアトピーだろうが、好酸球が主役のアトピーだろうが、最初に患者がやるべきことは皆同じ。と言う意味です。

例えば、アトピー治療には「免疫力の強化」とか「自然治癒力の向上」なんて言われますが、「免疫力」や「自然治癒力」を上げるにも順序があると思いませんか?免疫力って、闇雲に取り組んでも早々上がるモノじゃないと私は思います。と言うことで、努力を無駄にしないためにも「努力の中身」は大事だと思います。そもそもお金と時間の無駄遣いはここが原点になる気もします。ではどうすればいいのか?私の経験を公開します。

アトピー治療の基本|胃腸の健全化