アトピーの治療

アトピーだけを治そうとすると頭が混乱する。そして道に迷ってしまう。そもそもアトピーだけを治すための特別な治療なんて存在しない。それはあまりにも不自然だ。健康な身体を取り戻すこと。これさえできれば、アトピーは嫌でも消えてしまう。

忘れてしまった大切なこと

「アトピーさえ治るならどんな努力でもする!」そんな風に思っている人、結構多いです。アトピーになって思い知ったのは治したい気持ちの激しさ、一途さ。ところがアトピーと言う病気には逆説的なところがあって、アトピーだけを治すことばかり考えていると、本質的な事からどんどん離れてしまう怖さがあります。そこでアトピーのことは一度横に置いて、視点を変えてみると良いかもしれません。つまり「アトピーを治す」ではなく「健康な身体を取り戻す」のスタンス。

今まで「快食」「快便」「快眠」って一度は聞いたことありますよね?でもじっくり取組むことって意外と無かったと思うんです。で、結論から言いますね。アトピーと言う病気はこの「快食」「快便」「快眠」を継続するだけで劇的によくなります。

治療の基本は、1日24時間の過ごし方の中にある

アトピーを治すには何か特別な事が必要って思っている人がいるのですが、実は全然そんなことなくて、普通に「快食」「快便」「快眠」を続けるだけで見事によくなります。だってこの3つは健康を決定付ける要因で、アトピー完治への取り組みも最終的には全てこの3つに集約されてしまうからです。と言うか、私に言わせれば「これをしないで何するの?」って感じです。

  • 「快食」=「お腹減った!」と感じてから食べる。食べ過ぎない。とにかくよく噛む。
  • 「快便」=爽快感を伴った長い一本の便。お腹の中のモノが全て出尽くした感じ。
  • 「快眠」=深い睡眠。朝までグッスリ。目覚め爽快。

大人の重症アトピーは完治が極めて困難と言われていますが、そうでもありません。この「快食」「快便」「快眠」を徹底すれば重症アトピーでもよくなります。逆に良くならない理由となると、これを徹底していないか、継続していないかのどっち。これは過去20年間のメルマガ読者の実例からも明らか。真実は身近なところにあって、常にシンプルな気がします。

ちょっと考えてみて下さい。人(動物も含めて)の生命活動と言うか、生きている中で実際にやっている事と言えば入れる(飲食)、出す(排泄)、眠る(就寝)の3つだけです。これだけは大臣も女優もイケメンもメジャーリーガーも会社員も学生も主婦も皆同じ。男も女も子供もお年寄りも皆、一緒。 みんなみんなこれしかしていない。この点に同意して頂けますか?で、病気になる人がいて健康な人がいる。皆、この3つしかしていないのに。と言うことは「どんな風に入れて、どんな風に出すか?」そして「どんな風に眠るか?」ここが問われている気がします。で、ココを突き詰めて考えた時、私の出した結論は「快食」「快便」「快眠」。もうこれに尽きます。

「健康だけどアトピーだけが・・・」はあり得ない

一方、「私、健康だけどアトピーだけが・・・」と思っている人って結構いて、実は私もそのひとりでした。アトピーは熱が出たり頭痛がする訳ではありません。最初は軽い痒みだけなので、大抵の人は自分が病気だと言う実感を持てません。と同時に瞬間的な頑張りなら利くので、尚更、自分が病人と言う自覚に乏しいのですが、実はここが「落とし穴」のように思えます。

正直な話、「健康だけどアトピーだけが・・・」なんて無いです。ここはもうきっぱり考え方を切り替えた方がいい。健康じゃないからアトピーなのだと。健康ならアトピーじゃない。もちろん程度の差はあります。でも、こう解釈した方が答えは出しやすいですから。この点をご理解頂いた上で、次は少しだけ「こころ」のお話。心と体のバランスのお話をします。健康を維持するために、「こころ」の部分ってどうすれば良いのでしょう?

心のバランス:最悪なのは怒り&憎みの感情

私の経験からすると、アトピーをもっとも悪化させる要因のひとつは「怒り」です。誰かに対する強い怒り。で、持続的な怒りを放置したままだと、タイムラグはあるもののアトピーは必ず悪化します。そして怒りや憎みの感情を抱いたまま、同時にアトピーを治すのは至難の業です。

何故、怒りの感情がアトピーを悪化させるのか?本当の理由はよくわかりません。しかし、いくら運動や半身浴や生姜湯で頑張ってみても、怒りの感情を抱いたまま体の冷えを改善させることが出来なかった自己の経験から、怒り、妬み、恨み、憎みと言った類の感情には、人のエネルギーとか生きるパワーを奪い取る作用があるように感じます。人間に対する怒りや憎しみが蓄積すると、体は冷え切ったままで病気を治癒するパワーが生まれない。逆に、優しさとか思いやりの心で人や動物、自然と接すると何とも言えない癒しを感じる場合がありますが、可能な限り自分の心を優しさ思いやりで満たしておくことは、健康な身体を維持するうえで大切な気がします。

アトピーを治すヒントはすべて1日24時間の過ごし方の中にあるのでしょう。
なかでも「飲食」「排泄」「睡眠」の3つは生命活動の土台で、ここを見直さない限りアトピーの治療は成り立たない気がします。言い換えると、日々の生活の中で「快食」「快便」「快眠」を実践し、優しさと思いやりの心で自身を満たしておくこと。怒らない。憎まない。否定しない。色々頭で難しく考えるより、こんなシンプルなことの方がアトピーには効くような気がします。