アトピーの原因を知りたくなった時に読む記事

私は、自分がアトピーだった時「一体、この病気の原因は何なんだ?」と、いつもそれを知りたいと思っていました。原因さえ分かれば問題は解決すると思っていたのです。で、思っただけでなく実際、調べてみました。当時はまだインターネットが無い時代。収集できる情報も限られていましたが、それでも図書館や大きな書店に出向いて調べてみました。

結論から言うと、私はで今もアトピーの原因を知りません。と言うか、その後30年以上経った今もアトピーの原因は医学的にも特定されていません。多くの人がいろんな説を唱えていますが、それはあくまで推論の域を出ません。エビデンスが無く、決定的な原因は不明なまま。では原因が不明だとアトピーは治せないのでしょうか?私の答えは「全くそんなことはない」です。

原因なんて知らなくてもアトピーを治せる理由

厄介な問題に直面した時、私達はまず「原因」を知ろうとします。「原因」を究明して問題解決を図る。一般的にはこれが模範的なパターンと考えられていて、事実、この流れで進めば大抵の問題は解決されるでしょう。 ところがこの流れでアトピーを治そうとしても、実は上手くいきません。普通なら有効である筈のパターンが、アトピーには通用しないん。何故でしょう? ちなみにこのパターン。流れを示すと以下のようなイメージです。

問題発生⇒原因を究明⇒原因を特定⇒打開策を実施⇒問題解決

有効な筈のこのパターンがアトピーには通用しない。その理由は単純で、それは打開策が打てないからです。そう。この流れで進んでも打開策が打てない。試しに「アトピー原因」で検索してみて下さい。色々出てきますね。アトピーの原因。そこでは「皮膚のバリア機能」や「遺伝的要因」等の身体的な要因が出てきたり、「ストレス」等の精神的な要因が出てきたり。それ以外も一杯出てきます?で、もう少し詳しく調べると、免疫細胞の説明なんかも出てきたりします。

おそらく、ここに書かれていることは本当でしょう。では、これらの原因を知って打開策って思い浮かびますか?アトピーの原因が遺伝的要因とか精神的要因と言われて「そうか!」と納得できる具体的な打開策が思い浮かびますか?

研究者の視点 or 患者の視点

少しだけ話、横道にそれます。私が思うに、アトピーの原因なんてものは観る視点によって変化します。例えば

  • 医薬品の開発を目的とした研究者の視点。
  • アトピーを治すことを目的とした患者の視点。

どうですか?視点、違いますよね?で、先ほどネットで検索したアトピーの原因。コレってどっちだと思いますか?薬や医薬品の開発を目的とした研究者の視点?それともアトピーを治すことを目的とした患者の視点?

もうひとつ。患者が本当に知りたいのは、次のどっち?

  • 研究者の視点に立った、医薬品を開発するためのアトピーの原因。 
  • 患者の視点に立った、自分が治るためのアトピーの原因。

コレ、言葉の遊びではありません。念のため補足しておきます。研究者も患者も到達点は同じ筈。「治す」ですね。ただ研究者は医薬品を介して、患者はそこに拘りなく治したい。ここは目指す方向が微妙に違うので、到達点も微妙に違って当然でしょう。

原因は究明するものではなく、自ずと見えてくるもの

さて、話を戻します。私の経験からすると、アトピーの原因なんてものは患者が究明するものではありません。それは研究者にお任せすればよいことで、患者は日々やることさえきちんとやれば、原因は勝手に見えてくるようになります。自分から追い求めなくても、向こうからやってくる。しかも「AさんにはAさんの」「BさんにはBさんの」と言った感じで懇切丁寧に。それはある意味、その人固有のデータのようなものです。

だから「アトピーの原因は十人十色」なんて言われても全然平気。いくらでも応用が効きますからね。ちなみにこれは全部患者側の視点に立った時の話で、研究者の視点ではまず見えてこないと思います。なぜなら、これは「直接体験」がベースにあり、実際に実践しないと分からない話だからです。過去の文献や試験管での実験では「直接体感」は得られない。で、この流れを示すと以下のようなイメージになります。

問題発生⇒打開策(答え)を実践⇒自ずと原因究明⇒問題解決
お分かり頂けます?原因の究明、してないですよね?その前にもう打開策(解決策)を打っています(笑)。コレ、まるで答えを丸写しするイメージですね。ちなみに、このやり方って試験や定期テストでは使えない。でもアトピーには使えます。全然問題ない。と言うか、実社会では原因なんてイチイチ究明しなくても問題解決に至るケースは多々あって、その場合は何と言っても、それが現実に即した実る努力かそうでないかが決め手になるでしょう。この点は「アトピーの治療|報われる努力と報われない努力」を参照して下さい。

原因に拘るほど危険な領域に突入

患者の視点に立てば、アトピーの原因なんてものは頭で考えて導き出すものではありません。それは日々やるべきことをしっかりやる過程で自ずと見えてくるものです。自分の「直接体験」として、それは来るべき時が来れば自然と分かるようになる。

ところが、私の知る限りアトピーを治せない人の多くはここで躓きます。やることだけキチンとやって、やらなくてもよいことには手を出さないのが原則ですが、全く逆をしてしまう。つまり、やらなくてもよいことばかりやって、本当にやらなければならないことはしない。実はコレ、過去の私そのものなんです。今回、この記事を書こうと思ったのも自分にこの苦い経験があるからです。アトピーの原因を調べること自体は悪くはない。ところがその原因に執着すると、とにかく少しでも早くこの苦しみから逃れたい一心で、その原因を取り除くための何か特別なことを試みたくなのです。すると事態は少し厄介な方向に進み出します。

私が思うに、アトピーの原因とは「これだ!」と特定できるような単一のものはないです。このことを考える時、私は過去、ひとつの原因に固執して袋小路に陥ったある医師グループのことを思い出します。特に大人のアトピー性皮膚炎に関しては私自身の経験からも、複数の要因が絡み合っているように感じています。なので最初から特定できない複数の要因を特定しようとすること自体に不自然さを感じるのです。

逆に、アトピーの原因が複合的だと想定すれば、克服へのシナリオも見えやすくなる気がします。それは絡み合った糸を一つ一つ解くようなやり方ではなく、最初のドミノを倒すだけで、後は自動的に全てのドミノが倒れるような方法です。私は今まで「アトピーの原因はコレだ!」とか言って、それで実際に治した人を知りません。もうハッキリ言いますが、「原因はコレだ!」とか言って熱くなっている人、或いは自分がもしそんな心境に陥った時には「オレ、ちょっとヤバイかも・・・」くらいの感覚の方がいいかもしれません。

アトピーを治す。このために患者がやることってそれほど多くないし、また難しくもありません。逆に、単調過ぎてバカバカしく感じるかもしれない。でも、その単調なことをコツコツ続けるか、本当にバカバカしく感じて止めてしまうか、ここが大きな分岐点。なので、原因を究明する時間があれば、その時間をアトピーを治すための実践の時間に使った方が話は早いと思います。念のため、アトピーの治り方と治し方をまとめました。よければ参考にして下さい。「アトピーの治療|治し方&治り方のすべて」